Loading…

スポンサーサイト

Posted by Wind Blume on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小太郎くん♪

Posted by Wind Blume on 26.2011 Wan Friends♪   0 trackback
プードルの小太郎くん♪

いろいろ訳あって、オーナー様が変わりに変わり、
今のお家に来ました。


kotaroupuu00.jpg


小太郎くんと、正しく接したい(暮らしたい)とのことで、トレーニングの依頼を頂きました。

基本的なトレーニングを行っていく中で、小太郎くんの性格を知り、
どんなことに興味があって、どんなことに、どんな反応をするのか、
その時の対応の仕方を一緒に見つけ、

“プードル”として、ではなく、
“小太郎くん”を知ることで、
一緒に暮らす方法を見つけてきました。


kotaroupuu02.jpg


以前に暮らしていた環境が全く分からないのですが、
気になる反応を見せることもありました。

ヒトを怖がったり、
音に過剰に反応したり、
他犬との接し方に自信がなかったり。

誤食も多く、病院に駆け込んだことも。

それでも、

ご家族みなさんのフォローもあり、
小太郎くんの大好きなボール投げ(おもちゃ遊び)等を通して、
小太郎くんとのやり取りを覚えて頂くと、
ママたちの声に、より一層、耳を傾けてくれるようになり、
お散歩もかなり上達!!

他のワンたちとも、震えることなく過ごせるようになったりと、
ゆっくりと自信をつけてきてくれました♪


kotarou03.jpg


中でも、他犬との距離感が似ているMixのフルルちゃんとは、
つかず離れずの良い関係に♪

小太郎くんの距離感もまた、
押せ押せが苦手なフルルちゃんにとっても心地良いものであり、
お互いに良い相互作用でした。


kotaroupuu03.jpg


犬は、飼い主を選べません。

でも、小太郎くんを想ってくれる、
こんなに心ある家族のもとに来れて、
本当に良かったね!

今度こそ、幸せになれるよ☆


kotaroupuu01.jpg


小太郎くんの興味のあるものを見つけては、
おもちゃを手作りしてくれたママ。

そんなママとパパとお姉ちゃんに囲まれて、
たくさん、たくさん、
笑顔になってね!




スポンサーサイト

ケンネルコフ!?

Posted by Wind Blume on 25.2011 犬話♪   0 trackback
最近、ワンたちの間で、ケンネルコフが流行っているようなお話を聞きます。


ケンネルコフ=ケンネル(犬舎)・コフ(咳)の意味で、

犬がたくさん集まる犬舎などで流行りやすく、
咳の症状が目立つ、
ウイルス感染などによって引き起こされる伝染性気管支炎や咽喉頭炎のことでです。


昨日トレーニングに伺ったプードルちゃんも、
咳が止まらず、動物病院で診て頂いた、とのこと。


ケンネルコフは、
人間でいうと、風邪に似た症状。
熱が出ることもあります。

悪化すると、鼻水や、クシャミ等も見られるようです。

二次感染で、肺炎にかかってしまうことも。


特徴的な症状は、やはり、“咳”、ですね。


いつもと違う咳が出る、回数が多い、長い、等、

咳が出るようであれば、よく観察してみてください。


数日で治まることもあるみたいですが、
放っておかず、
悪化しないように気をつけてあげてくださいね。

獣医さんによると、

ワクチン接種をしていればかかりにくいとのことですが、
個体差もあります。


抗生物質の投与で、翌日には良くなってくるようですから、

気になるようなら、早めに動物病院で診てもらって下さいね☆


これから暑い季節に入るので、
ヒトも犬も、体調管理には、気をつけましょう♪


natsugakuruyo.jpg


今年も夏がくるね☆ 


チャムくん♪

Posted by Wind Blume on 21.2011 Wan Friends♪   0 trackback
コーギーの、チャムくん

なかなか、柔らかい性格です。


cham00.jpg


ご家族一同、
しつけに対してとってもはっきりとした考えをお持ちで、
それはチャムくんへの愛、そのもの。

毎回、家族そろってトレーニングに参加。
素敵です

特にお姉さんは、リーダーシップを持って、チャムに接することができ、
これは犬にとって、とっても必要なこと。

コーギーであるチャムくんには、理想的な関係です☆

チカラなんか使いません。

チャム家のルールをはっきりと示し、一貫した接し方。

そして、そこには、家族の愛情たっぷり

(おね~さ~ん!トレーナーになりませんか!?笑)

↓ お母さんとマテの練習中

cham01.jpg


毎回のトレーニングを通して、
必要な動作を教える中で、
チャムくんと、意思の疎通ができてきました

それは、普段の生活の中でも活きてきます

お散歩もトイレも、
まだまだ上手くいかないこともあるけれど、

それも全部、笑って受け止めて下さってます(これ大事~♪)
そんなにいきなり出来ないもんね~~

でも、毎回、毎回、出来ることが増えていくこと、
そして何より、
トレーニングを重ねる度に、
家族を気にするようになり、
反応がグンとよくなりました


cham03.jpg


チャムくん
素敵な家族に迎えられて幸せだね!


cham02.jpg


たくさんの愛を感じながら、
たくさん、笑顔でいようね

(トイレはもう少し頑張ろう


まめのつぶやき。

Posted by Wind Blume on 19.2011 まめのつぶやき。   0 trackback

ものたりない。



ushirosugata00.jpg


まめです。

ちわわです。

ちいさいはずです。

でも、おおきいんです。

さいきん、また、おおきくなりました。

だから、

減らされてます。

ものたりない、毎日です。

おおきいのは態度だけにしろ、だって。

はやく、ちいさくなりたい、きょうこのごろです。


カンファレンスに行ってきました☆

Posted by Wind Blume on 19.2011 セミナー・カンファレンス・研修関係   0 trackback
なんだかここ最近は、やることがたくさんありすぎて、
めまぐるしい毎日ですが・・・

先週末は、麻布大学で行われた、
『第3回ヒトと動物の関係に関する教育研究カンファレンス~子どもと動物~』
に行ってきました☆

内容は、
動物介在教育の実践報告や、
会場でのデモンストレーション等。

こちらの写真は、盲導犬の引退犬を連れてのデモンストレーション。

kidswan07.jpg

空いた席を知らせる実演も。

kidswan01.jpg


ヒトと動物の関係に関する教育研究センター
「放課後キッズワン教室」の実践報告や、


kidswan02.jpg


そこに参加している子供たちが、
犬と接する中で学んだことや、
周りの大人たちから聞いたことを、
自分たちの頭と手を使ってまとめたものを発表。


kidswan04.jpg


んいやぁ~~、
子供たち、すごいです!!

そこいらの大人より、犬との接し方を知っています!

それを、肌で感じているんですよね。

こうやって、小さいうちから、
大人だったり、言葉の通じない動物だったりを相手に向き合うのは、
学校の机だけじゃ学べないこと。

自分たちの身体で、心で、感じるもの、こと。

この体験は、きっと、
子供たちが大きくなったとき、(大きくなるとき)、
様々な場面に繋がってくれることと思います。

接し方、
振る舞い方、
そして、相手を思いやる気持ち。

ゲームばかりが普及している現代で、
それは大切なことばかり。

そしてそれはきっと、また、
その子供の子供へと、繋がりますよね。


休憩時間は触れ合いの場も。


kidswan03.jpg


その後も、各実践団体の活動報告もあり、
いろいろと勉強になりました。


kidswan05.jpg


今回のこの教室は、犬も入れる教室で、
なんと、馬まで登場!


kidswan06.jpg


盛りだくさんのカンファレンスでした

もちろん、いろいろと疑問を持つこともありましたが・・・

勉強って大切ですね~~

何事も、知らないと判断のしようがない!
と思い、日々勉強!です

しかし・・・
やっぱり訓練士の姿はない。。。(笑)

(その間に訓練しろって?きゃあぁ~~~・・・)


ちっさい訪問者、マダニさん。

Posted by Wind Blume on 16.2011 犬話♪   0 trackback
夏の前のこの時期。

犬たちに、フィラリア対策と同様、気をつけなくちゃいけないこと。

それは、

ノミ・ダニ対策。

とくに、

河川敷や、草むらなんかで、犬にくっついてしまうことが多い、ダニ。

詳しく言うと、マダニ。

ビックリしたことに、

先日、グーフィー嬢に訪れてしまっていました。

気持ち悪いので、写真、小さくしておきましたが、
(小さな配慮です。笑)

愛犬のため、見たことない方は、勇気を持って、見ておいて下さい。。。


madaninn00.jpgmadaninn01.jpg


なんだか、

ぽちっと、米粒のようなものがついていますよね。。

これ、マダニさん。

本当はもっと小さくて、1~3ミリ位(ゴマ粒の半分くらい)と思いますが、
グーフィー嬢、しっかりと吸われちゃってました。。。

そうなんです。

マダニさん、

犬たちにくっついて、血を吸って大きくなるんです。

(タダ喰いだぁーーー。)

私が今まで見たことのあるのは、

耳の後ろや付け根、あとは、目の周り、首、お腹周り、等。

皮膚の薄いところにつくようです。

マダニさんは、顔(実際には、顎)を、犬の皮膚内に突っ込み、身体だけだしています。

数日かけて、血をグングン吸って大きくなります。

お腹いっっぱいになると、ポロっと落ちますが、
マダニは、バべシアという感染症を引き起こす原虫を媒介することがあるため、
放っておきたくないもの。

でも、

一番注意しなきゃいけないのは、
血を吸っているマダニさんを、無理やりひっこ抜いてはいけないということ。

無理に引っ張ると、
体内に入り込んでいるマダニの顎が残ってしまい、
炎症を起こして、化膿してしまうこともあります。

あとね、もう一つ。

潰してはいけない、ということ。

卵を持っていた場合、それが周辺に散らばってしまいます。

見つけた場合は、
フロントラインプラスなどをダニに直接かけて、殺します。
(目の周りは目に入らないように気をつけて☆)

死ぬと、通常、24~48時間以内にポロっと落ちるようです。

ちなみに、

死ぬと、黒くなります。

コチラ ↓↓


madaninn02.jpgmadaninn03.jpg


そしたら、ポイしちゃいましょう。

気になる場合は、動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

その他の方法もあるようですが、あえて此処には書きません。

それから、

ダニを媒介とする病気:バべシアというものがありますが、
これは、噛まれたから必ず病気になるということではないようですが、
運が悪ければ一度でもバベシアになる事もあるようです。

すぐには症状は出ませんので様子を見るしかないようで、

飼い主にわかる症状としては、
疲れやすい、貧血になるので歯茎や舌、まぶたの裏側が白っぽくなる等です。

いや~~、

来てほしくない訪問者、ですね。。。

この時期、気をつけましょう

フィラリア同様、毎月(生活環境によって多少異なります)予防薬をつけ、
しっかり対策、してあげましょうね。

愛犬を、憎きマダニンから守りましょう

・・・なんだか、気持ち悪いものを見て、後味悪いので、

最後に、天使の笑顔をいかがでしょう


フルル7


あへあへしてます。。。


犬は、見た目じゃないのよ♪

Posted by Wind Blume on 12.2011 犬話♪   0 trackback
昨日の話の延長です。 → 小型犬と、大型犬。

うちのまめは、犬種でいうと、チワワです。

性別は、メスです。

こんな仔です。


まめの夏16


でも、見た目の前に、性別の前に、犬種の前に、

“犬”、なんです。

私は、まめを、チワワである前に、“犬”として、みています。

うるっとしたくりくりおめめ。
いつもぷるぷるしていて、何かあると、パパママの後ろに隠れる。

チワワって、そんなイメージですか?

犬種での特徴はもちろんあるけれど、
それより何より、
それぞれの性格。
これは、犬種の特徴以上のものがあると思います。

まめは、生まれて2カ月弱から、その本領を発揮していました。

まめは、私がお世話になった訓練所で繁殖された仔で、
ある日、所長が、まめの伸びた顔の毛を切ろうと、
ハサミを持ち、顔をホールドしたところ、
 
「ガルルルル・・・

まめは唸りました。

チワワの、生後2カ月弱。

片手に乗ってしまうような大きさで、なでくり回したくなるような姿。

そんな仔が、主張しました。

“嫌”、を主張するのに、
逃げる仔もいます。
でも、立ち向かう仔もいます。

まだ経験(学習)が少ないまめにとって、まめの性格をうかがわせるような出来事でした。

(もちろん、その場ではしっかり、所長に洗礼を受けましたが。。。

こんなまめを皮切りに、
まめの兄弟2頭も、生後3カ月弱でそれぞれ引き取られていきましたが、
その後、各ご家庭では、かなりのガルガル犬に成長したそうです。(笑)

もちろん、成長していく過程での社会化や、接し方等でだいぶ変わることはありますが、
生まれ持った性格、そのものを、根っこから変えるのは難しいはなし。

感情からくる行動は変えられたとしても、持って生まれた性格、そのものは変えられません。

そのことを踏まえたうえで、その仔と付き合っていきたいですね。

“こういう仔にしたい”

理想を持って躾けを行っていくことは素晴らしいこと。

でも、

理想像をその仔に被せてしまうのではなく、
それ以上に、“その仔”をきちんと見て、
その仔の性格をしっかりと受け止めてあげてから。にしてくださいね。

まめを連れていると、
みんなが可愛い、可愛い、と言ってくれますが、
まめの性格を知っている私はいつも、
その言葉に、違和感を感じてしまいます。

“可愛い”

この言葉は、
見た目ではなく、
その仔がとった行動にたいしての、褒め言葉として使ってもらえたらな、と思います。

(あ、でも、そうしたら、まめが可愛いといわれることが減ってしまうぅ~~(笑))


oogatakenntokogatakenn.jpg


大型犬も、
小型犬も、

大きさは違えど、

みんな、犬♪

見た目だけでなく、
その仔、その仔を、みてあげて下さいね


小型犬と、大型犬。

Posted by Wind Blume on 11.2011 犬話♪   0 trackback
昔はよく、風花とまめを一緒に散歩させていたので、
通りすがるみなさんに、ビックリした顔で見られたものです。

「うわぁ~可愛い♪そっくりねぇ。親子??」

なんてよく聞かれましたが。。。

(シェパードからチワワは生まれません

それより多かったのが、

「ケンカしないの・・・??」

この質問。


ookiichiisai01.jpg


やっぱり、チカラ関係は、

大型犬 < 小型犬

の認識なんですよね。

でもね、

大型犬でも小型犬でも、中身は一緒。

“犬”なんです。

風花は、とっても優しいシェパードでした。

どんな犬にも、どんな人にも吠えないおっとりさん。

逆に、おまめさんは、

気が強くて、プライドが高くて、常にアンテナ張ってます。

こんな小さな身体に、F1のモーターを積んでます。

必要あらば、エンジン全開。超特急です。

チワワ特有のくりくりおめめは、おねだりの時しか見られません。(笑)


ookiichiisai02.jpg


そんな2頭でも、仲良しでした。


ookiichiisai00.jpg


最近よく見られるのは、

大型犬を見た途端に、ワンちゃんを抱っこし、守ろうとする、小型犬の飼い主さん。

気持ちは分かります。

身体が大きいし、物理的に敵わないものがあります。

でも、

小型犬が大型犬を怖がるようになるのは、
飼い主さんの方が、大型犬と接触させるのを怖がっているから。

これがまた意外にも多い。(もちろん、経験からくる場合もありますが。)

それがパピーなら尚更です。

だけどね、

小型犬の仔犬と、大型犬の仔犬を遊ばせても、怖がりが発達することは、ほとんどありません。

むしろ、自分を試すチャンスが与えられると、
弱虫だと思っていた小型犬が、威勢のよい、友好的な姿に変身することも。

要は、

大型犬と触れ合う機会がなかったために、
どう振る舞ったら良いのかが分からない仔が、意外と多いのです。

これは、

大型犬の飼い主さんにも同じで、
社会化を制限してしまう傾向があるようです。

そりゃそうですよね。

身体の大きな大型犬が、他の仔犬に怪我をさせるのではないか。
という恐れがありますから。

でもね、その結果、

大型犬の仔犬は、小型犬に対して、優しく振る舞うことを学ぶ機会がなくなってしまうのです。

もし、

あなたのワンちゃんが、たくさんのことを吸収できる時期にあるのなら、
たくさんのことを経験させ、自信を持たせてあげてほしいと思います。

身体の大きさ、チカラの強さの違いを配慮して遊ばせることももちろん必要ですが、
手助けをしながら、それを、犬自身に経験させる機会をつくってあげて欲しいと思います。

大型犬の飼い主さんも、
小型犬の飼い主さんも、

犬自身の、学習・経験・吸収のチカラを、もっと信じてあげて下さいね。

パピーのチカラ(学習)は、
私たちが思っている以上のものです。

必要以上の人間側の心配で、
犬たちの大切な社会化を制限してしまうことのないように。

お互いに、同じ“犬”のパートナーとして、寄り添ってほしいと思います。

犬のために、、、ね。


nakayoshikoyoshi.jpg


グーフィー嬢と、おまめさん。

シェパードと、チワワ。

どっちも同じ、犬。

小型犬ながら、

おまめさんの存在感は、写真を通しても、伝わってきま・・・せんか?(笑)


ドンキー♪

Posted by Wind Blume on 10.2011 Wan Friends♪   0 trackback
昨日あった、ドーべルマンの、ドンキーくん。


donkii00.jpg


まだ6カ月。

やんちゃ坊主。

お外に出ると、はちゃめちゃな男です。

いったい今まで、どーやって生活していたの?

と、聞きたくなってしまったよ。。。

いや、

聞いてしまったよ。

もちろん、答えてくれなかったけどね。


donkii01.jpg


尻尾は断尾してあるのに、

耳は断耳してない、ドンキーくん。

なんだかキュート。

人を振り向かせる声の出し方、習得してますね。


donkii02.jpg


良い男になるんだぞ~~!!


犬とのコミュニケーション

Posted by Wind Blume on 09.2011 犬話♪   0 trackback
犬とコミュニケーションをとりたければ、
犬のコミュニケーション方法を学んで下さい。

それは、相手が犬でなくても、同じことですよね。

解って欲しいことがあるのなら、
相手のことも解ろうとすること。

犬に何かを教えるのに、こちらは彼らのことを何も解ろうとせず、

出来ない仔に対して、

「この仔は頭が悪い」

だの、

「何回言ってもわからない」

だの、

最後には

「バカ犬」

呼ばわりされては、哀しすぎます。

そんなの、

犬たちからしてみれば、

そんな人間の方が、“問題人” なわけです。(笑)

犬に何かを教えたいのなら、
犬がどう学習するのか、
気持ちをどう表現するのか、
知ってほしいし、
知るべきだと思います。

犬とコミュニケーションをとりたければ、
犬のコミュニケーション手段を学んで下さい。

この仔のことを、解りたいと、想って下さい。

犬をよく観察して、その仔の性格だったり、ものの見方を知り、応えてあげること。

どんな相手だって、
一方通行のやりとりは、会話にはならないわけです。

それは、犬とのコミュニケ―ションだって同じです。

犬を解りたいと思う、その気持ちが大切です。


ふうかとふう



今日の一枚♪

Posted by Wind Blume on 08.2011 今日の一枚   0 trackback
緊張してます。




sarasaramame.jpg


サラちゃんのそのお顔。

たまりませんなぁ♪






今日の一枚♪

Posted by Wind Blume on 07.2011 今日の一枚   0 trackback

BIGだぞ。


心も身体もでっかい2頭


poarotofuu.jpg


純粋で、真っすぐな男たちです


  

プロフィール

Wind  Blume

Author:Wind Blume
東京でドッグトレーナーとして出張訓練をしています♪
犬のトレーニングに携わりながら、毎日犬たちからたくさんの事を教えてもらっています♪
このブログを通して、犬たちと暮らす魅力に少しでも触れて頂けたらと思います(^^)

『Dog Training Wind Blume』の
HPはこちら♪
http://wind-blume.com/

プロフィール

名前:まめ
犬種:チワワ
職業:敏腕マネージャー♪

トレーニングのお手伝いをしています♪ こう見えて、気が強いんです、あたち。
あ、女の子だよ。
冬は寒いから嫌いです♪
おやつは大好き♪
毎日いろいろ頑張ってます♪
何をって?
寝ることとか・・。

プロフィール

ふーか

名前:風花(ふうか)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:看板犬

私、2009年11月29日に虹の橋を渡りました。今は天国にいます♪昔から、何をやっても“天然ぼけ”って言われてた私だけど、一通りの訓練はこなしてきたのよ。えっへん!こっちでもみんなと仲良くやってるよ♪でも、東京での生活も楽しかったから、たまに登場して、みんなとの想い出話をしたいと思います♪よろしくね♪

プロフィール

名前:淕(リク)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:訓練犬。(の、予定。)♪

淕です。別名、ブッチャ―です。
ちょっと惜しい感じのシェパードです。 でも、頑張って訓練しています。
ボクの誕生日は、11/29。
風花先輩が虹の橋を渡った命日と一緒です。 ちょっと運命感じてます。
夢は、立派なシェパードになること。
ボクは、シェパードになりたいんだ!
応援、よろしくお願いします!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。