Loading…

今日の一枚♪

Posted by Wind Blume on 27.2011 今日の一枚   0 trackback
幸せだ~~


って声が聞こえてくるね。

ママが大好きな、ASOLO。


PA047003.jpg


私には聞こえます。

そこにいてくれるだけで、

傍にいてくれるだけで、

それだけで幸せなんだよ、って。

ASOLO♪

私も、そのままの君が、大好きだよ。








スポンサーサイト

『今』を生きる。

Posted by Wind Blume on 27.2011 ひとり言。   0 trackback
先日、保護犬を新しく家族に迎えたご自宅に行ってきました。

いろいろとご相談を受けてきたのですが、
話しを聞いているうちに、あることが気になりました。

保護犬・・・すぐに浮かぶイメージとしたら、
“可哀そう”や“不幸”的なものでしょうか?

弱者的なイメージが強いことは否めないと思います。

でも、果たして本当にそうなのでしょうか?

一度手を放された犬の心は、確かにハッピーではないかもしれません。

でも、その理由は人間の勝手なものばかり。

そのイメージをその犬が背負うのは酷すぎると、私は思います。

犬は、犬。

保護犬、という名はあくまで人間がつけたものであって、
犬自身にそんなつもりはありません。


犬は『今』を生きる動物です。

どんなときでも、『現在』を生きているのです。

それは、彼らが想い出を持たない、という意味ではありません。

でも、過去も未来も気にしない生き物なのです。

人間のように過去の過ちをくよくよ引きずったり、
将来立派な成犬になるために、今日はこれをやっておこう♪
なんてことは考えていないのです。

今、この時を、生きているのです。

見えない過去をあれこれ詮索するよりも、
今、目の前にいるその仔を、見てあげて欲しいと思うのです。


犬は“今”を生きているのに、人間はその仔の過去を想像し、
あれこれ仮説を立て、その穴を埋めたがります。

そのギャップに違和感を感じることがあるんです。

もちろん、それは、その仔に対する愛なのだと思います。

でもそれは、人間の、、ですよね☆

その仔が今一番必要としているのは、

同情ではなく、リーダーシップです。

今のその仔を受け入れて、今のその仔を愛すること。

それだけで、その仔は十分に幸せなはず。

今、目の前に、自分を愛してくれる存在が現れてくれたことに、
犬たちは心から幸せを感じているはずです。

保護犬は、可哀そうなんかじゃない。

新しく保護犬を迎えたご家族が、その犬の過去の不幸を背負う必要はないのではないかと思います。

何度も言いますが、犬は今を生きる動物です。

今を共に過ごし、たくさんの時間と想いを共有し、共に生きていくことが、
その犬の最大の幸せになるのだと、私は思っています。


2445116291_06bfe7bb3f.jpg


過去を埋めることに執着するのではなく、

今を受け止め、寄り添うことが、

その仔の幸せに繋がるということ。

私はそう信じています









エネルギーという言葉。

Posted by Wind Blume on 26.2011 犬話♪   0 trackback

先日、こんなことがありました。

用事のために、軽井沢に向かっていたときのこと。

初めて行く場所で、まったく知らない道を車で走っていました。

手元にあるのは、簡易的な地図のみ。

時間はそこそこ、余裕があります。

助手席には、友人を乗せていました。

その友人の膝の上には、まめ。

まめは、友人の膝の上の毛布にくるまり、うとうとしていました。

会話を交わしながら車を走らせること20分。

地図には、高速を降りてから目的地までは約20分と記されていました。

「おかしいねぇ~」

なんて言い合いながらも、

「でも大丈夫、道、合ってるよ。」

と楽観的な友人。

それでも、目印になる大通りは見えてきません。

私は、

「大丈夫だよね♪」

と笑いながらも、内心不安になってきていました。

“本当に合ってるんだろうか??”

“時間に間に合わなかったらどうしよう・・”

顔は穏やかに話しを交わしていましたが、

心の中は焦り始めていたその瞬間・・・

友人の膝の上で大人しく眠っていたはずのまめが起き上がり、
そわそわそわそわし始めました。

いきなり落ち着きを無くしたまめを見た友人がビックリし、

「えっっっ なに?まめちゃんどうしたの?いきなりそわそわし始めちゃったよ

と言ってきたので、

私が一言。

「あ・・・ごめん、、、道が間違ってんじゃないかって、私が今かなり不安になったからだと思う。」

そう言って私は、田舎道で車を停め、
日中なのに人の気配のほとんど無い田んぼのすぐそばに停まっていた
宅配便のおばさんを捕まえ、ここはどこかを訪ねました。

結局、目的地とは、とうにかけ離れた場所を走っていたことが分かり、
引き返す必要があることが分かりました。

車に戻り、余裕のあった時間が気づけばギリギリになっていて、
あのまま走り続けていたら・・・と、逆にホッと一安心したとき、
まめが友人の膝に戻り、何事もなかったかのように眠りの態勢につきました。

「あ・・・まめちゃんが落ち着いた。。。犬ってすごいんだね。」


犬は、エネルギーの動きを敏感に察知します。

自分の周りにいる人間のエネルギーや心の状態のもっとも些細な変化でさえ感じとれるのです。

きっとまめもこの時、言葉には出していなかったけど、
私の不安なエネルギーを感じとっていたのでしょう。

それが、道に迷ったから、とか、
財布を失くしたから、とか、

そんな理由はまめには分からないし、分かる必要もありません。

ただ、不安なエネルギーを感じとり、
その変化を受けただけ。

だから、

私たちと生活を共にしている犬たちは、

いつでも人間のエネルギーを読んでいると、心に留めておいて下さいね。

自分の心の有り様が、犬にも伝わる、ということを。。。


PA247755.jpg


おまめさん、そんな不安な顔しないで~~~☆







Dog Training Wind Blume HP

Posted by Wind Blume on 20.2011 お知らせ   0 trackback

お知らせです。


この度、Dog Training Wind Blume のホームページが新しくなりました☆


詳しくは、コチラから。


お客様の声』には、十数件頂きましたアンケートの中より、無作為に選出させて頂きました6頭を掲載させて頂いております。


ご協力頂きましたオーナーの皆さま、本当にありがとうございました♪


また、


近くにワンちゃんのことでお困り、お悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、
どうぞお気軽にご紹介下さい♪


(HP内、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ頂けます。)


お持ちのお悩みが少しでも軽くなり、

オーナー様とワンちゃんの関係がもっともっとより良くなりますよう、

お手伝いさせて頂きます♪


もっともっと犬のことを解っていただけるよう頑張ってまいりますので、

これからもどうぞよろしくお願い致します!!



P7070436.jpg P7070424.jpg



Dog Training Wind Blume 代表  山田 有紀子












まめのつぶやき。

Posted by Wind Blume on 20.2011 まめのつぶやき。   0 trackback
なついあつ。



P8101974.jpg


なついあつが終わりました。

暑い夏、とも言います。

つぎは、あきです。

あきは、得意です。

起こされるの知らないフリしても、大丈夫なの。

来年またあえるかな?

来年までさようなら、

なついあつ。


P1063626.jpg












思春期。

Posted by Wind Blume on 03.2011 犬話♪   0 trackback
人間にだってありますよね、“思春期”と呼ばれる時期。

思春期に入った子どもたちは、自分探しに入ります。

まず、自分は何者であるか、を考え、

自分とはどんな人間か、自分はどんな大人になりたいのか等の枠組みを模索します。

この自分探しには、個人差はありますが、
本人も周囲の大人たちも大変なエネルギーを使います。

時には、このエネルギーを本人はもてあますようなこともあり、
大きくブレ時には反社会的行為に走り、まわりに迷惑をかけることがあります。

特にこの時期の子は何を考えているのか分からないなどと言われる時代でもあります。

このような渦中にいる子どもたちも「自立と依存」の繰返しの中で、悩んでいます。

このような急激な変化を求められている子どもたちであることを手がかりに、いかに理解し、気持ちにそった対応をしていくのかは親として考えておかなければならないことです。

この枠組みが完成すると自我の形成がはかられ、自我(アイデンティティー)の確立をうみます。


犬にもね、あるんですよ♪、“思春期”と呼ばれる時期が。

これが意外にも、私たちが思っているより、とっても繊細な時期だったりします。

思春期を迎えると、犬たちは心身共に大きな変化を遂げようとします。

オスとして・メスとして成長すべく、大胆な自分がいるのと同じに、
まだまだ仔犬時代のような怖がりだったりする自分もいたりして・・・

他犬に逢うとき、自分をどう対処したらいいのか分からなくなったりするんです。

堂々とするべきなのか、まだ仔犬のように可愛くあるべきなのか・・・

そんな葛藤がストレスになり、攻撃的な行動に出てしまったりすることもあるわけです。

性成熟を迎える8ヶ月あたり~1歳あたりまではもちろん、
17か月~26か月(小型犬10~14ヶ月)の思春期を迎えた犬たちは、
身体や筋肉、脳が成犬になるために発達中です。

まだまだ気丈さや安定感を備えらえるほど精神が成長しきっていないうえに、
この時期は身体全体がたくさんのエネルギーを必要としています。

だから、状況によっては、攻撃行動で対処せざるを得ないこともあったり・・・

この時期に攻撃行動を学習して身につけてしまう犬が多いのはそのため。

いろいろと誤解されやすい時期だよね。

でも犬たち自身だって、グラグラなんです。

心も身体も不安定なんだよね。

だからって野放しにしておいて良いわけじゃないけど、
そんな時期も楽しみながら、一緒に乗り越えていきたいね♪


DSC_0864.jpg


私はこんな時期にある犬たちこそ、魅力を感じたりします。

だってこんな犬の成長を感じていけるのもまた、犬と暮らす醍醐味だったりするもんね。

犬を飼っているのは人間だけど、(犬を)必要としているのはきっと、私たちのほう。

傍にいてくれる唯一の存在に対して、溢れんばかりの愛情を還してくれる犬たちに、
私たちはどれだけ彼らを“犬”として理解し、幸せにしてあげられているのかな。。?

人間界のルールをおしつけるその前に、犬たちの心の声を拾ってあげたい。

だから、この時期は犬をよ~~~く観察して、
犬と遊ばせるのであれば、人がきちんと介入する必要があると思います。

この時期のガウガウは、『理由なき反抗』だよね☆

ぐぅはいつも、みんなに助けられてます♪


P9306351.jpg


いっつも名前、間違えちゃうよ~~

メレアとゾゾロ

(正しくは、メレルとアゾロ、です。











  

プロフィール

Author:Wind Blume
東京でドッグトレーナーとして出張訓練をしています♪
犬のトレーニングに携わりながら、毎日犬たちからたくさんの事を教えてもらっています♪
このブログを通して、犬たちと暮らす魅力に少しでも触れて頂けたらと思います(^^)

『Dog Training Wind Blume』の
HPはこちら♪
http://wind-blume.com/

プロフィール

名前:まめ
犬種:チワワ
職業:敏腕マネージャー♪

トレーニングのお手伝いをしています♪ こう見えて、気が強いんです、あたち。
あ、女の子だよ。
冬は寒いから嫌いです♪
おやつは大好き♪
毎日いろいろ頑張ってます♪
何をって?
寝ることとか・・。

プロフィール

ふーか

名前:風花(ふうか)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:看板犬

私、2009年11月29日に虹の橋を渡りました。今は天国にいます♪昔から、何をやっても“天然ぼけ”って言われてた私だけど、一通りの訓練はこなしてきたのよ。えっへん!こっちでもみんなと仲良くやってるよ♪でも、東京での生活も楽しかったから、たまに登場して、みんなとの想い出話をしたいと思います♪よろしくね♪

プロフィール

名前:淕(リク)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:訓練犬。(の、予定。)♪

淕です。別名、ブッチャ―です。
ちょっと惜しい感じのシェパードです。 でも、頑張って訓練しています。
ボクの誕生日は、11/29。
風花先輩が虹の橋を渡った命日と一緒です。 ちょっと運命感じてます。
夢は、立派なシェパードになること。
ボクは、シェパードになりたいんだ!
応援、よろしくお願いします!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR