Loading…

スポンサーサイト

Posted by Wind Blume on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIDOGS日記。どうぶつ教室@神田

Posted by Wind Blume on 22.2011 活動   0 trackback
 
先日、東京都の動物愛護センターさんの協力を経て、
都内で行われた、動物ふれあい事業の『どうぶつ教室』の見学に行ってきました。

写真は不可だったため、どんな様子だったのかお見せできないのが少し残念ですが、本当~に勉強になりました!

もちろん内容もそうですが、それ以上に、子どもたちの素直な反応が客観的に見られたのが良かったです♪

内容は、、、

事前にビデオ観賞があり、その後に、パネル等を使って、

・動物がされたらいやなこと
・動物や人間の心臓について
・犬の感情表現
・野良犬と出会ったとき
・飼い主さんと犬に出会ったとき

のお話がありました。

一つ一つの内容に対して、子ども(この日は小学2年生)に合わせた話し方・言葉選びをしなくてはなりません。

私も以前、都内の小学校にて、警察犬訓練士として授業をさせて頂いた経験がありますが、
その時は3年生の授業でしたが、分数がまだ分からないとのことで、話す内容や単語選び、伝え方に戸惑ったことを思い出しました。

でもそこはやはり何度もやってきているだけあって、
センターの方のお話はとても分かりやすく、子どもたちも真剣に聞いていました☆

後半には、

・犬がいても無視する練習
・飼い主さんに挨拶して犬を触る練習
・リードを持って犬の散歩体験

の実践を。

ただ、当たり前ながら、“話し”として耳で聞くのと、
実際に自分の目で見て、犬に触れて、自分の意思で何かをするのとでは、全く違います。

機会ではない、“生きている”犬を目の前にすると、
さっき勉強したことが吹っ飛んでしまう子も。

当たり前ですよね。

でも、だからこそ、大人の手助けが必要なんですよね。

だけど、ここで大切だと思うのが、“子ども自身に考えさせ、経験させる”ということ。

私たちが答えを押し付けたり、子どもの感覚を無視してしまうようなやり方は、適していないように思います。
(この時がそうだった訳ではありません

だからといって、何をやってもいいというわけではありませんが、
子ども自身に“なぜそうなのか”考えさせるように寄り添う関係が必要なんじゃないかと思います。

例えば、、、

犬を触りたいが故に、
「ロビン~~~~!!!」と、大声を出しながら犬の元へ走って近づき、
犬の上からガバッと手を差し出すとします。

犬はびっくりして尻尾を巻いて逃げようとします。

ここで、なんと注意しましょうか?

「こら!!やめなさい!!!」

「静かにしなさい!!」

「だめでしょ!!!」

・・・子どもは、“ただ怒られた”とだけ学習するかもしれません。

ここで、もし、

「ワンちゃんに挨拶したいんだよね?でもほら、見て?ワンちゃん、尻尾がお尻の下に入っちゃってるよ。
これは、“怖い”って言っているんだよ。ワンちゃん喋れないからね、身体でお話してるんだよ。
分かるかな?ワンちゃんとご挨拶したかったら、ワンちゃんの気持ちも考えてあげようね?」

こんな風に説明ができたとしたら、きっと子どもは、自分で自分の行動を改めると思います。

それでもルールが守れなかったら、

「ワンちゃんをわざと怖がらせるのなら、ご挨拶はさせられません。」

・・・命ある者から学ぶことは、おもちゃやゲームから学べないことばかり。

命の大切さを感じる経験は、相手のことを思いやる心を育みます。

その心は、自分以外の誰かのために行動することへとつながり、

他者のために責任感をもってがんばること、

ひいては自分の自己実現へとつながっていくと思います。

でもそこには必ず、大人の手助けがあってこそ成り立つのだと思います。

今回、見学をさせて頂いていた中で、
すごく印象に残っていたのが、次の質問に対する、子どもたちの答え。

質問 : 「どうして犬をいじめちゃいけないの?」

答え : 「犬も生き物で、人間と同じで生きているから。」

     「命があるから。」

う~~~~ん。。。

正直、ビックリしました!!

小学2年生の口から、こんな答えが返ってくるとは!!!


子どもたちに、“命”を考えてもらうきっかけとしてもそうですが、

今回のように、学校の授業で動物との接し方や、日常でのシーンでの注意事項などを事前に学んでおくことは、
子ども自身のためにも動物たちのためにも、とっても大切なことだと改めて感じました。

犬の子どもへの咬傷事故は意外と多いものです。

今はまだ、実施具合が県によってもバラバラだそうですが、
もっと多くの学校で取り入れられるようになるといいなと思います。

東京都動物愛護センターの皆さん、
小学校の先生・関係者様、

ありがとうございました!!


110602-0855[1]


“思いやり” を育てましょ







 

スポンサーサイト

あぁ、いいですねぇ。
私、ほんとそういうのもっと広がればいいなって思います。

ほんとに。

嫌いだろうが、こわかろうが、共存していくのだから、
こういう機会が与えられることってほんとに大きいと思います。

2011.09.25 02:53 | URL | 武蔵野天国 #egv5FMCc [edit]
武蔵野天国さん♪

ねぇ~私もそう思います!
でも見ていて思いました☆
やっぱり、子どもたちを取り巻く、大人の対応・態度が大切だ、って。
大人のフォロー一つで子どもたちへの印象は180度変わるんだなぁ~って改めて感じたよ。
私もいろいろ頑張ります!!!
2011.09.26 13:19 | URL | Wind Blume #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://windblume515.blog137.fc2.com/tb.php/196-fcff4d5e

プロフィール

Wind  Blume

Author:Wind Blume
東京でドッグトレーナーとして出張訓練をしています♪
犬のトレーニングに携わりながら、毎日犬たちからたくさんの事を教えてもらっています♪
このブログを通して、犬たちと暮らす魅力に少しでも触れて頂けたらと思います(^^)

『Dog Training Wind Blume』の
HPはこちら♪
http://wind-blume.com/

プロフィール

名前:まめ
犬種:チワワ
職業:敏腕マネージャー♪

トレーニングのお手伝いをしています♪ こう見えて、気が強いんです、あたち。
あ、女の子だよ。
冬は寒いから嫌いです♪
おやつは大好き♪
毎日いろいろ頑張ってます♪
何をって?
寝ることとか・・。

プロフィール

ふーか

名前:風花(ふうか)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:看板犬

私、2009年11月29日に虹の橋を渡りました。今は天国にいます♪昔から、何をやっても“天然ぼけ”って言われてた私だけど、一通りの訓練はこなしてきたのよ。えっへん!こっちでもみんなと仲良くやってるよ♪でも、東京での生活も楽しかったから、たまに登場して、みんなとの想い出話をしたいと思います♪よろしくね♪

プロフィール

名前:淕(リク)
犬種:ジャーマンシェパード
職業:訓練犬。(の、予定。)♪

淕です。別名、ブッチャ―です。
ちょっと惜しい感じのシェパードです。 でも、頑張って訓練しています。
ボクの誕生日は、11/29。
風花先輩が虹の橋を渡った命日と一緒です。 ちょっと運命感じてます。
夢は、立派なシェパードになること。
ボクは、シェパードになりたいんだ!
応援、よろしくお願いします!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。